MENU

就活を体験したことのある人が転職に成功するには?

「好きな仕事ならばどれだけ辛くても乗り切れる」とか、「自らを成長させるために強いて大変な仕事を拾い出す」という事例、度々聞くことがあります。

 

就活のなかで最終段階の難関、面接選考を説明することにします。

 

面接、それは応募者と会社の採用担当者との対面式による選考試験なのです。

 

必ずやこんなふうに仕事がやりたいという確かなものもないし、あの仕事も良さそう、いや、これも良さそうと迷った末に、最後には本当は自分が何をしたいのか面接を迎えても、整理できず話せない場合がある。

 

面接試験というものは、受検者がどういう人物なのかを認識する場だと考えられますから、準備した文章を上手に読みこなすことが評価されるのではありません。

 

飾らずに伝えることが大事です。

 

面接の際には、必ず転職の理由について尋ねられます。

 

「どんな理由で辞めたのか?」については、どの企業も非常に気にする部分です。

 

ですから、転職した理由を考えておく必要があるでしょう。

 

就職試験などにおいて、応募者によるグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を実施している企業は増えています。

 

これによって普通の面接では知り得ないキャラクターなどを知りたいのが主旨だろう。

 

面接については完璧な答えはありませんから、いったいどこが良くてどこが拙かったのかという判断する基準は企業が違えば変わり、同じ企業でも担当者次第で全然異なるのが現状です。

 

やはり成長業界の企業には、いわゆるビジネスチャンスに出会うことがあると言える。

 

新規事業開始のチャンスもあれば、子会社を新しく作ったり、大切な事業やチームなどを担当できる可能性が高くなるのである。

 

実質的には、日本の世界に誇れる技術のほとんどが、大企業ではなく、中小企業の小さな町工場で創生されているわけで、給料も福利厚生も高待遇であるなど、羨ましい企業もあるのです。

 

今の所より給料そのものや処遇などが手厚い就職先が求人しているとしたら、自ずから転職を希望しているのなら、未練なくやってみることも大事なものです。

 

自分自身を磨きたい。

 

積極的にキャリア・アップできる場所で働いてみたい、。

 

そんな思いをしょっちゅう聞きます。

 

自分自身を磨けていないと気づくと転職を意識する方が大勢います。

 

正しく言うと退職金というのは、本人の申し出による退職だとしたらそれぞれの会社にもよるのだが、もちろん会社都合の場合ほどは支給されませんので、とにかく転職先を決定してから退職するべきなのである。

 

「掛け値なしに本音をいえば、仕事を変えることを決心した訳は給料のためなんです。

 

」こんなケースも聞いています。

 

ある外資のIT会社のセールスを担当していた30代半ばの方の話です。

 

どうにか就職はしたけれど就職できた会社について「思っていたような会社じゃない」場合によっては、「こんな職場なんか辞めたい」ということまで考える人は、いつでもどこにでもいるんです。

 

大きな成長企業と言ったって、100パーセント何年も安全ということではない。

 

だから就職の際にその部分については十分に情報収集するべきだ。